pochielさんのページ
活動実績
pochielさんの意味の登録状況
pochielさんが書いた意味の評価は、合計 14pt です。
評価ランキングは、 2位(29人中) です。
登録した意味を表示、1件目から46件目(46件中)
ロード - 何でもないような事が幸せだったと思いつつ、メモリの他の場所や外部記憶装置からデータを読み出し、展開すること
ゼロ除算 - a÷0を計算する事。コンピュータでは普通エラーとなるし、数学でも普通は誤り、若しくはナンセンスとして扱われる。
RS-232C - いにしえの昔から存在し、今日でも根強いユーザーがいるシリアル通信規格。いわゆる「COMポート」と呼ばれるもの。
RISC - CPUの機能をできるだけ単純にして、その代り高速で動くようにしよう。というCPUの設計思想。
CISC - 多少遅くても構わないから、その代りCPUにいろんな機能を詰め込んで、機械語プログラムを楽にしよう。というCPUの設計思想。
密結合マルチプロセッサシステム - 同一基板上に存在するCPU同士が、データバスを通して高速に通信しあい、一つのシステムとして動作するシステムの事。対義語は疎結合。
疎結合マルチプロセッサシステム - 同一基板上に無いCPU同士がネットワーク等を経由して通信しあい、全体で一つのシステムのように振舞うシステムの事。対義語は密結合。
零元 - 代数基礎論において、任意のaとの2項演算が常に a*e=e となってしまうようなe。 つまり、普通の掛け算で言う 0 の事。
ハイブリッド方式 - 異なる二つの方式を同時に成立させる方式の事、最近だと自動車の駆動方式で有名に。
タイムシェアリングシステム - CPU時間を細かくスライスして、処理の切り替えを行うことで、複数ユーザでコンピュータを同時に使うことができるようになる仕組み。
MMU - CPUの機能の一つ。物理アドレスを論理アドレスに変換する事で、ページ領域を含めた広い領域に安全にアクセスできるようにしてくれる。
リンク - webにおいて、文書同士を結び付ける最も基本的なな仕組み。 ハイパーリンクと同義。左利きの勇者とは関係ない。
パイプライン制御 - CPUが命令を処理する時の手順を細分化して、ある手順が終わったら直ぐに次の命令の同じ手順を処理させて、高速化する手法
ブランチ - SVN等を用いたソフトウェアのバージョン管理で、あるバージョンから分岐させて複数のバージョンを作る事。遅すぎる朝食とは関係ない。
ニュートンの運動方程式 - ニュートンが発見した、光速よりもゆったり動く物体の運動を記述する事ができる方程式。 F=maで表される。
エッチング - マスキングを施した素材を化学処理し、表面加工する技術。 プリント基板の製造等で使用される。別に卑猥な事をするわけではない。
インヘリタンス - オブジェクト指向の基本思想の一つで、基本となるクラスを拡張して新しいクラスを定義するんだよ。という考え方。
バグ - ソフトウェアの不具合。 SEはこれのために残業し、プロジェクトはこれのために燃え上がる。 一説には「仕様」と同義との意見も。
回転体 - 任意の図形を任意の軸を中心に回転させた時できる立体の事。
無限 - 無限である。 ←のリンクを辿ってみよう。もしサーバが停止しないなら、貴方は「無限」にリンクをクリックし続けなければならない。
解の公式 - 代数方程式の一般解を一発で算出できるステキ公式。 五次以降の方程式には解の公式が存在しない事が知られている。 ガッカリ。
素因数分解 - 正の整数を素数の積の形に分解する事。 コンピュータはこれが苦手。
定数 - 計算上、変動することのない固定された値の事。
原色 - 色の基本構成要素、他のいかなる原色を組み合わせても、その原色を作ることが出来ず、また原色以外の色なら原色の組み合わせで作れる。
光の3原色 - 光の組み合わせによって色を作る際に必要な、互いに独立な3つの原色の事。赤・青・緑の3色である。
先進波 - マクスウェルの電磁波方程式によれば、時間を逆に辿って未来からやって来る電磁波も存在しうる事になっている。それが先進波と言われる。
元素 - 万物の構成要素であるとされる概念。 時代や国家、思想等によってその姿は変転している。 現在では大まかに「原子の種類」の事をさす。
優先度方式 - OSがタスクを実行する順番をタスク毎に割り当てられた優先順位に従って決定する方式。 windowsならタスクマネージャで見れる。
偶関数 - +だろうが-だろうが、符合にかかわらず絶対値が同じ変数なら同じ値となる関数。 f(x)=x^2 とかがそう。反対語は奇関数。
解凍 - 圧縮されたデータを元のデータ列へと復元する処理。
エーテル - かつて宇宙に満ちていると考えられた物質。光や力を伝達するために必要であるとされた。現在では存在は否定されている。
パーソナルコンピュータ - 個人で購入・使用が可能な汎用コンピュータ。 その内に欲望渦巻くパンドラの箱である。
可逆圧縮 - データを完全に元の形に復元できる圧縮の方式のこと。 ランレングス符号やハフマン符号などが有名。
ギリシアの三大作図問題 - ギリシア時代の数学者によって提起された作図問題。「円積問題」「立方体倍積問題」「角の三等分問題」の三題で、いずれも不可能である。
円積問題 - 「円と同じ面積を持つ正方形を、定規とコンパスの有限回の操作で描けるか?」という問題。ギリシャの三大作図問題の一つ。
コラッツの問題 - 「任意の自然数nが偶数ならn/2、奇数なら3n+1と計算を繰り返していくと有限回で1に到達する」とする数学の未解決問題。
チューリング完全 - プログラミング言語において、チューリング機械で計算可能な全ての計算処理を記述できる事。
goto文 - プログラム内の任意の実行位置に、行番号やラベルを利用して無条件に移動する命令。
構造化プログラミング - プログラムを独立性の高い部品に分割し、goto文を用いずに反復や分岐等の制御文で分かりやすく書く手法。
円周率 - 円の円周を直径で割った数。 この数を可能な限り詳細にかつ高速に計算するプログラムがコンピュータの性能計測に使われたりする。
フィボナッチ数 - 花びらのつき方や、ヒマワリの種の配列など、自然界に関連現象が数多く存在する不思議な数列。
ゴルドバハ予想 - 「2より大きな全ての偶数は、2つの素数の和となる」のではないかとされる、数学の未解決問題。
完全数 - 対象となる数そのものを除いた全ての約数の和が、対象の数となるような数のこと。
暗号化 - 盗聴・改ざん等の防止を目的としたコード変換。
セキュリティ - 発生しうるリスクを考慮し、なんらかの行動をとること。(対策・委譲・放置も含む)
アフィン変換 - 画像を反転したり回転したりする時に用いる線形代数的演算。
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. いかろさん(1pt)
6. c4h10o2fpさん(1pt)
7. laevateinn495さん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...