行列力学とは?
64文字以内で説明
量子力学に対して、ハイゼンベルクシュレディンガーと独立に提唱した理論形式。
投稿者: rootさん (2010-04-01 21:32:36)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す

量子力学1 (KS物理専門書)
猪木 慶治
講談社 (1994-02-18)

物理入門コース(1) 力学
戸田 盛和
岩波書店 (1982-11-12)

イラスト・図解 はじめての行列とベクトル
長谷川 勝也
技術評論社 (2000-12)
関連ページを探す
行列力学出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索行列力学(ぎょうれつりきがく、matrixmechanics)は、量子力学における理論形式の一つである。マトリックス力学とも呼ばれる。1925年にヴェルナー・ハイゼンベルクによって提唱され、マックス・ボルン、パスクアル・ヨルダンらともに展開された。目次1概要2詳細な説明2.1行列としての力学量2.2位置と運動量の正準交換関係2.3力学量の時間発展3関連項目[編集]概要ニールス・ボーアとアルノルト・ゾンマーフェルト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%88%97%E5%8A%9B%E5%AD%A6
:ベクトルと一次変換:quant5:quant5行列力学HeisenbergがSchrödingerとは独立に構成した量子論は、発見直後に、行列形式を使うと非常に簡潔に表現されることがわかった.(Bornの指摘によって、Heisenbergは初めて気が付いたそうである)この理論形式は、Schrödingerのとは、著しく異なって見えるが、実は数学的にはまったく同等であることが、後に、Schrödinger自身によって証明された(但し、行列形式でなければ記述できない場合もあるが
http://maverick.riko.shimane-u.ac.jp/files/quant5d/node1.html
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. c4h10o2fpさん(1pt)
6. laevateinn495さん(1pt)
7. いかろさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...