相関係数とは?
64文字以内で説明
2つの変数間の関を表す指標。単に相関係数といえば普通はピアソンの積率相関係数をさすが、他にも色々な定義がある。
投稿者: rootさん (2010-05-27 23:50:19)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す



()

わかりやすい統計学 第2版
松原 望
丸善 (2009-01-31)

相関係数と回帰直線―Point統計学 (Point統計学)
加藤 千恵子
東京図書 (2003-06)
関連ページを探す
相関係数出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索相関係数(そうかんけいすう、correlationcoefficient)とは、2つの確率変数の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標である。原則、単位は無く、-1から1の間の実数値をとり、1に近いときは2つの確率変数には正の相関があるといい、-1に近ければ負の相関があるという。0に近いときはもとの確率変数の相関は弱い。因みに1もしくは-1となる場合は2つの確率変数は線形従属の関係にある。たとえば、先進諸国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%95%B0
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. laevateinn495さん(1pt)
6. いかろさん(1pt)
7. c4h10o2fpさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...