永久機関とは?
64文字以内で説明
エネルギーの供給なしに、仕事をする機構のこと。実現不可能であることが分かっている。
投稿者: rootさん (2010-03-02 01:31:23)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す

<ビジネスの未来1>エネルギーの未来
エリック シュピーゲル
日本経済新聞出版社 (2009-09-19)

エネルギー(下)
黒木 亮
日経BP社 (2008-08-28)

エネルギー(上)
黒木 亮
日経BP社 (2008-08-28)
関連ページを探す
永久機関出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索物理学ウィキポータル物理学執筆依頼・加筆依頼カテゴリ物理学-(画像)ウィキプロジェクト物理学永久機関(えいきゅうきかん)とは外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。古くは単純に外部からエネルギーを供給しなくても永久に運動を続ける装置と考えられていた。しかし、慣性の法則によれば外力が働かない限り物体は等速直線運動を続けるし、惑星は角運動量保存の法則により自転を続ける。そのため、単純に運動を
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%B9%85%E6%A9%9F%E9%96%A2
  永久機関の話  目次永久機関とは?自分で汲み上げる水で回る水車非対称斜面上の鎖の輪非平衡車輪(自己回転輪)(1)非平衡車輪(自己回転輪)(2)非平衡車輪(自己回転輪)(3)毛管現象を利用した“永久機関”浮力式モーター磁石を利用した“永久機関”永久機関の特許(1)永久機関の特許(2)永久機関の特許(3)永久機関の特許(4)永久機関の特許(5)永久機関の特許出願[戻る]
http://www.e-one.uec.ac.jp/~tito/jugyou/eikyu/eikyu.htm
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. いかろさん(1pt)
6. c4h10o2fpさん(1pt)
7. laevateinn495さん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...