有限要素法とは?
64文字以内で説明
偏微分方程式数値解析法の一つ。計算領域を要素に分割し、各々の要素を支配する方程式を立て、それを連立させてく。
投稿者: rootさん (2010-03-02 06:01:03)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す

Visual Basicでわかるやさしい有限要素法の基礎
堀辺 忠志
森北出版 (2008-12-09)

基本からわかる有限要素法
邵 長城
森北出版 (2008-10-03)
関連ページを探す
有限要素法出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索有限要素法(ゆうげんようそほう、FiniteElementMethod,FEM)は数値解析手法の一つ。構造力学分野で発達し、他の分野でも広く使われている手法。その背景となる理論も、関数解析と結びついて、数学的に整然としたものである。たとえば、有限要素法によって構成される近似解が属する集合は、元の偏微分方程式の解が属する関数空間の有限次元部分空間となるように構成されることが多い。有限要素法は、解析的に解くことが難
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E9%99%90%E8%A6%81%E7%B4%A0%E6%B3%95
■ホームページが本になりました■有限要素法(FEM)の基礎から応用までを紹介します。Fortran言語で書かれたソフトも用意しました。有限要素法は、構造物の応力解析や流体解析等に広く活用されています。境界要素法(BEM)の基礎を紹介します。Fortran言語で書かれたソフトも用意しました。境界要素法は、有限要素法と同様に波の解析や構造物の応力解析等に活用されています。Homepageを収録したCD-ROMを提供しています。また、イントラネット用としても提供しております。さらに、FEM基礎の出張教育も実施し
http://www.fem.gr.jp/
[PR]海外旅行有限要素法(FEM)のページ有限要素法(FEM)は偏微分方程式を解いたり力学解析をする上で非常に強力な方法です。何十年にもわたり様々な研究が精力的になされ、この手法は目まぐるしく発展してきました。しかし大企業の開発者や大学の研究者など、ごく一部の限られた人以外はその恩恵を被ることができないのが現状です。誰でも簡単に有限要素法を理解して使えるようになることに少しでも役に立つことを、このWebページを通じて目指しています。Copyright(C)2008NobuyukiUMETANISOFTW
http://ums.futene.net/
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. laevateinn495さん(1pt)
6. いかろさん(1pt)
7. c4h10o2fpさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...