最小作用の原理とは?
64文字以内で説明
自然は無駄をしないという原理
投稿者: rootさん (2010-03-03 16:14:07)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す
関連ページを探す
最小作用の原理出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索最小作用の原理(さいしょうさようのげんり)は解析力学の基礎となった最初期の力学の原理。運動は、作用積分と呼ばれる量を最小にするような軌道にそって行われるということ。古典力学における最大の法則であり、アインシュタイン方程式ですら、重力場のラグランジアンとこの法則を用いて導出される。この法則そのものは、ファインマンの経路積分の考え方によって理解できる。物体は運動において様々な運動経路(軌道)をとる事が可能である
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%B0%8F%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86
最小作用の原理目次概要労力的に最短平面上の最短経路=直線歪んだ空間での最短経路まとめキーワード最小作用の原理作用作用密度概要解析力学なんかを習うと、「最小作用の原理」なんて物が出てきます。ここから出発して、変分法を使うと、ラグランジュ形式の運動方程式という、どんな座標系を使っても同じ偏微分方程式で記述できる運動法則が導かれます。でも、作用ってのがなんなのかは書いてないことが多いんですよね。いや、位置エネルギーと運動エネルギーの差L=T−Vが作用(の密度)だという定義式は書いてあるんですが、なんでそんなもの
http://ufcpp.net/study/dynamics/action.html
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. laevateinn495さん(1pt)
6. いかろさん(1pt)
7. c4h10o2fpさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...