ラーモアの公式とは?
64文字以内で説明
荷電粒子加速度運動によって放出される電磁波エネルギーを記述する公式電荷加速度の2乗に比例光速度の3乗に反比例する。
投稿者: rootさん (2010-04-01 21:23:45)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す

技術者のための数学公式・数表集
松田 弘
日本理工出版会 (2001-04)

公式集 (モノグラフ)
矢野 健太郎
科学新興新社 (1998-07)

高校数学公式活用事典
岩瀬 重雄
旺文社 (2002-12)
関連ページを探す
Next:9MKS単位系とcgsGauss単位系の変換Up:加速荷電粒子からの電磁波の放射Liénard-Wiechertポテンシャル,etcPrevious:7磁場の導出8PoyntingVector(Larmorの公式)PoyntingVectorを(41)で定義すれば、これは単位時間当たり単位面積を通る電磁波のエネルギー流束である。従って、加速度運動をしている粒子を取り囲む無限に大きな球を考えて、その球面を通過する全エネルギーを計算してやれば、粒子の発する電磁波の全エネルギーの放射率を計算
http://www.astr.tohoku.ac.jp/~chinone/Larmor/Larmor-node16.html
kotobank.jpラーモアの公式の用語の意味を解説。ニュースなどの関連情報もあわせてご覧ください。全上場企業データを追加しました。ホームkotobankとは使い方検索プラグインサイトマップ検索プラグインを使うkotobankラーモアの公式とはブックマークする|共有するラーモアの公式ラーモアの公式に近い言葉→ラーモアの定理|ラーモアの歳差運動|ド=モアヴルの公式|ベーテ‐ハイトラーの公式|オイラー‐マクローリンの公式|オイラーの公式|ラーモア半径|ラーモア回転|ラーモア周波数|拡散の公式(環境汚染)&n
http://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%85%AC%E5%BC%8F
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. いかろさん(1pt)
6. c4h10o2fpさん(1pt)
7. laevateinn495さん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...