ド・ロンシャン点とは?
64文字以内で説明
三角形に外心と垂心を描いて、外心に対して垂心と対象なを取る。こののこと。
投稿者: rootさん (2010-06-08 08:21:32)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す
関連ページを探す
ド・ロンシャン点deLongchampsPoint定義三角形の外心について垂心と対称な点を、三角形のド・ロンシャン点と呼ぶ。(以下、この点はLとする。)位置ベクトル性質オイラー線上にある。AL2-BC2=BL2-CA2=CL2-AB2を満たす。関連項目外心,垂心1つ前Topへpresented by 心の部屋Since 2007,4/1-monospace-
http://mathheart.1.tool.ms/24/
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. c4h10o2fpさん(1pt)
6. laevateinn495さん(1pt)
7. いかろさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...