ガウスの法則とは?
64文字以内で説明
ある領域内に存在する電荷が、領域に対して電荷に等しい量の電束の出入りを生むという法則
投稿者: rootさん (2010-03-01 23:14:48)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す

「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン
サンマーク出版 (2003-04)

知っているようで知らない 法則のトリセツ
水野 俊哉
徳間書店 (2009-02-26)

ガウスの法則の使い方 (物理学演習OnePoint)
小野 嘉之
共立出版 (1998-01)
関連ページを探す
ガウスの法則出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索物理学ウィキポータル物理学執筆依頼・加筆依頼カテゴリ物理学-(画像)ウィキプロジェクト物理学ガウスの法則とは(-ほうそく、Gauss'slaw)とはカール・フリードリヒ・ガウスが1835年に発見し1867年に発表した電荷と電場の関係をあらわす方程式である。この式はジェームズ・クラーク・マクスウェルにより数学的に整備されマクスウェルの方程式の1つとなった。電気におけるアンペールの法則とみなすこともできる。ちなみ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
この記事の元:演習の授業風景1問題を解くための物理の教科書(電磁気)←前のページ「2.電場と電位・クーロンの法則」に戻る3.1電場の求め方2(ガウスの法則)ガウスの法則の使い方3.2例をひとつ:点電荷3.3面積分を少し丁寧に3.4*問題練習3.5* 問題練習23.ガウスの法則それでは今回はガウスの法則について説明したいと思います。ガウスの法則は電磁気学を勉強する上で、とても大事な方程式です。だけどこの授業は演習の授業なので、ガウスの法則についての厳密な話はしません。それは別の機会に学んでください。ここでは
http://yamamoto-akira.org/butsuriya/ele-text/node5.html
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. laevateinn495さん(1pt)
6. いかろさん(1pt)
7. c4h10o2fpさん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...