アルキメデスの原理とは?
64文字以内で説明
液体よりも重い物体液体に沈めると、物体が押しのけた液体重さの分だけ物体が軽くなるという法則
投稿者: rootさん (2010-03-03 15:41:22)
0 0
ユーザー登録をすると、他の意味も表示されるようになります。
また編集もできるようになります。
同義語を探す
ログインすると、同義語の登録ができます。
右のフォームからログインしてください。
関連書籍を、amazon.co.jpで探す
関連ページを探す
アルキメデスの原理出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索アルキメデスの原理(アルキメデスのげんり)は、アルキメデスが発見した物理学の法則。水中の物体は、その物体がおしのけた水の質量だけ軽くなる、というものである。目次1概要2法則の発見3その他4脚注欄5関連項目[編集]概要物体を水の中に静かに入れると、物体が重力の作用で水の中に沈む。物体が沈む事によって押しのけられた(物体が存在する場所にあった)水も、重力によって物体の存在する場所へ移動しようとするが、物体の
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86
アルキメデス Archimedes(前287~前212頃)アルキメデスってどんな人? ギリシアの数学者。父は天文学者で,ヒロエン王との親交が深かった。テコの原理,浮力の原理(アルキメデスの原理)など,静力学の研究において研究効果が大きい。投石機,起重機,螺旋揚水機(アルキメデスのポンプ)の発明など,技術的業績も大きいが,彼自身は純粋科学や数学を本命とし,技術的なものは副次的なものとした。宇宙の大きさを示す大数の記数法の考案などでも有名。理論と実験との合致を重視した。また,第2次ポエニ戦争に際して武器の発明
http://www.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/hare/arukimedesu.htm
ログイン
メールアドレス:

パスワード:

ログイン情報を保持

登録がまだの方は、
ユーザー登録をしてください。
コンテンツ
リンク
ユーザーランキング
1. たっくんさん(17pt)
2. pochielさん(14pt)
3. keshigom_Pさん(5pt)
4. rootさん(2pt)
5. いかろさん(1pt)
6. c4h10o2fpさん(1pt)
7. laevateinn495さん(1pt)
最近登録された用語
最近登録された意味
メールサーバ
- 電子メールの送受信等を行うサーバ...
マスク
- ビット演算を行う処理である。...
大数の法則
- サンプル数が大きくなるほど、サン...
べき乗法
- 行列に対する絶対値最大の固有値及...
特異値分解
- n行m列の行列Aを A =UΣV...
ルンゲ・クッタ法
- 常微分方程式を解くアルゴリズムの...
OCR
- 本来は光学式文字読み取り装置のこ...
オイラー法
- 常微分方程式を数値的に解くアルゴ...
ロード
- 何でもないような事が幸せだったと...
MACアドレス
- ハードウェアに固有のアドレス。原...